コンテンツへスキップ

ブログ

2019年も明けて早くも一ヶ月を過ぎました。 松濤倶楽部では今月イチローズモルト誕生の地 秩父蒸溜所ツアーを行い、3月には日本酒の会を開催します。 今年もイベント盛りだくさんな一年にしていこうと思いますので 皆様のご参加をお待ち申し上げております。

さて今月のオススメはこちらです。

”カクテルで世界一周 in 松濤倶楽部”

世界各国ゆかりのカクテルを4つのコースでご用意しました。 カクテルで世界を巡ってみませんか?

様々なカクテルが生まれた地でありバリエーションがとても豊富なアメリカ大陸からは カナダ、アメリカ、ペルー由来のカクテル ”クロンダイクハイボール” ”ミントジュレップ” ”ピスコサワー”です。 クロンダイクハイボールはカナダの金鉱地から名づけられ、 ミントジュレップはアメリカのクラシックレース”ケンタッキーダービー”の公式ドリンク、 ピスコサワーはペルーやチリの地ブランデーピスコをベースとしたカクテルとなっております。 どれもすっきりとお飲みいただけるコースとなっておりますので お気軽にお楽しみください。

アジアコースはちょっと強めの赤いショートカクテルを揃えた ハイペースなコースです。 横浜の夕日をイメージして作られた世界一周カクテル”ヨコハマ” シンガポールはラッフルズホテルの代名詞”シンガポールスリング”を 他にはない代々伝わるショートスタイルで。 中国からはサヴォイカクテルブックに記載されている 華やかで上品なカクテル”シャンハイ”。 美しい赤基調のカクテル3種類をご賞味ください。

そしてヨーロッパコースはハードな3つのショートカクテルをチョイスいたしました。 ”バレンシア”はスペインのオレンジ産地を冠したバリエーション豊かなカクテルで ショート、またはシャンパンアップとお好きなスタイルをお選びください。 ”シャンゼリゼ”はパリ一美しい大通りから名づけられたフランス生まれの 薬草酒が香るキリッとした一杯です。 最後はスコットランドの義賊ロバート・ロブ・マクレガーの愛称からとられた”ロブロイ”です。 スコッチをベースとしたハードなカクテルで赤毛のロブという名の通り、 ルビー色の美しいカクテルとなっております。 それぞれ特徴的な個性を持ったユニークなカクテルとなっております。

さらにこだわりのカクテル5杯分の世界一周コースもご用意しておりますので こちらもお楽しみいただければと思います。

今月はカクテルで遊んでみませんか。皆様のご来店を一同心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉 〒150-0042 渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1 TEL 03-3465-1932 FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 〒107-0052 港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1 03-3582-5944

クリスマスやら年越しやらで 
装い変わるこの季節 
ざわざわとした雰囲気の 
渋谷の喧騒抜けた先 

年末まで休まず営業!松濤倶楽部でございます。
今年は28日まで、さらに最終日は早朝5時まで営業いたします!
仕事納めの後、飲み〆は松濤倶楽部にて夜を明かしませんか!

~飲みクリスマスコースのお知らせ~
街もクリスマスカラーに色づいてとても綺麗みたいですね。渋谷でも青の洞窟やプラネタリウム、表参道のけやき並木がライトアップされているみたいです。
がっ、せっかくの3連休酔っぱらわにゃそんそん。
今年はやります、べろべろチーズフォンデュ。
チーズに白ワインやキルシュを加えてとろみをつけ、食材をチーズに浸して食べるのがチーズフォンデュですが、松濤倶楽部にはうっかりお酒がたくさんございます。白ワインを入れておいしいのであればグラッパもおいしいのでは、またはスモーキーなウイスキーは、ジンはどうでしょうか。あれもこれも入れてみたくなりませんか。この日だけは特別です!このお酒が合うのではないか、これをつけたらおいしいのではないか!そんなアイディアをチーズフォンデュにぶつけてみませんか。終わるころにはべろべろに、そんなクリスマスも素敵だと思います。
開催日23(日)~25(火)17時 18時 19時。おひとり様1万円(ワイン ロゼ ハイボール ビール ジントニックなど)食材持ち込み可。1名様よりご予約承っております。一緒に遊びませんか!
さてお便りはお手元へ届きましたでしょうか。12月、酒庫よりオススメウイスキー開封いたします。

【グレンファークラス 1977】 グレンファークラスは日本の団体、The Whiskyhoopがボトリングした24年熟成の原酒です。シェリーカスクが主流のファークラスですが3rdフィル(3回使用した樽)原酒をボトリングした70年代の原酒ですがとてもパワフル。長熟とは思えない芯の強さを持っています。

【ポートエレン ケイデンヘッド 11年】1983年の閉鎖であるため今リリースされる原酒は30年以上の長熟の原酒のみになってしまっているポートエレンですが、11年という短い熟成かつ63%というハイボルテージな一本をお楽しみください。

【ボウモア ピアレスコレクション 26年】ボトラーズの老舗ダンカンテイラーより82年蒸留の原酒です。驚異のコストパフォーマンス。華やかさで満たされた酒質、正にアイラの女王にふさわしい出来です。~FOOD~12月のテーマはマリアージュ、空冷マスターズドリームと共にお勧めいたしますおつまみたちです。早めの時間の小腹満たしにいかがでしょうか。

【カキのウイスキーがけ】私、佐藤がアイラ島で味わったカキを再現!生・あぶりの両スタイルでお楽しみいただけます。先月に引き続き身入りがとても良いカキが入荷しております。ジュっとウイスキーごとお召し上がりください!ひと口おつまみとしてカキのメンチカツもご用意いたしております。マッシュルームや玉ねぎ、ベーコンと共に煮込み衣揚げにしました。ビール、ハイボールのお供にはこの一品!

【マッシュルームを最もおいしく食べれるサラダ】名前の通りマッシュルームへの愛で満たされたサラダ。ゼロ次会のお供に最適です。

【アンチョビとサーディンのピザ】酒のお供としてとしてピザが再登場いたします。パリパリのクリスピー生地に丹後のオイルサーディン、そしてアンチョビをトッピング。小腹がすいたときに1枚いかがでしょうか。

【ブルーチーズのペンネ】濃厚ブルーチーズのつまめるペンネです。バーテンダーの胸元に光るのは...ご注文いただいてからのお楽しみです!

平成最後の年、皆様と楽しく過ごすことができたらと思います。
今後とも松濤倶楽部一同よろしくお願いいたします。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉
〒150-0042 渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1 TEL 03-3465-1932 FAX 03-3465-1931
Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢
〒107-0052港区赤坂4-1-1 小泉ビルB103-3582-5944 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

季節のご案内をメールでもお送りしております。
お問合せください。

【コクとスパイスの自家製ホットバタードラム】

紅葉の季節を迎えましたが皆様は紅葉狩りのご予定はございますでしょうか。
カエデという名前の由来は葉がカエルの手に似ていたため蛙手(かえるて)と
呼ばれていたことが始まりのようです。
言われてみればそう見えなくもないなと思います。
東京の見ごろは11月中旬~下旬にかけてだそうです。
今以上に冷え込んでいそうなそうな時期ですね。

松濤倶楽部にて最初の一杯はホットカクテルから始めてみませんか。

”コクとスパイスのホットバタードラム”
香辛料をブレンドしたバターにダークラムを注ぎ入れてお作りいたします。
フワッと香るスパイス、そして濃厚でクリーミーなボディの
一杯を目指し調合いたしました。
ポワっと体の内側から優しく温まる一杯です。

そしてそのホットバタードラムと合わせておすすめなのが
イタリアのブルーチーズ”ブルージンズ”です。
チーズとカクテルのマリアージュを追求してきた
アントニオ・カベルドーネ氏の息子、アレッサンドロ氏によって
同郷のジン蒸溜所とタッグを組み作られたブルージンズ。
塩味優しくクリーミーな舌触り、
白ぶどうを連想させる爽やかな風味と酸味を持った
ジンに漬け込んで作られる”酔っ払いチーズ”で、カクテルとの相性も抜群です。
食前の軽いアペリティフとして冬のチーズモンドールも含めた
チーズプレートをつまみにホットカクテルを楽しむ
”一宵の始まりセット”はいかがでしょうか。

皆さまのご来店を一同心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季節のご案内をお送りしております。ご希望の方は、info☆shotoclub.comまでご連絡ください。(☆は、@に読み替えてください。)

アイラ名物
アイラ名物
生ガキのウイスキーがけ

今日は、イギリス帰りの 佐藤から、バーならではの愉しみをご案内します。

============================

私佐藤は2週間近い間休暇をもらい、
スコットランドを旅してまいりました。
アイラ島から北ハイランド、スペイサイドにローランド広域をぐるりと
巡ってまいりました。
松濤倶楽部のメンバーと皆様の応援なしではとても成し遂げることは
出来なかったことであったと思います。
スコッチウイスキーと現地で味わった個性的な食とともに
スコットランドの風景をお届けできればと思います。

ということで今月のオススメは”生ガキのアイラウイスキー”がけです!
村上春樹さんの小説から世の中へ広まり、
現地の方も好んでこの食べ方によりカキを楽しんでいる様子が印象的でした。
ボウモアの町のとあるレストラン、
穏やかなアイラの内湾へ風が吹き付け、漁船がゆらゆらと
海面を漂っているボウモアの港を眺めながら食べたカキの味が忘れられません。
17時から営業しております松濤倶楽部にて、
食前酒の感覚で一杯ジュルっと味わっていただきたく思います。
数量限定ですが佐藤渾身の一杯です、是非ご賞味ください!

秋の旬のカクテルもおすすめでございます。
自家製である栗の渋皮煮で作るマロンアレキサンダー。
栗といえば難敵なのはイガを剥いてまず見える固い皮。
鬼皮と呼ばれる茶色の固い皮取り除いたら栗についている渋皮をなでるように除き、
砂糖と水でじっくり煮て完成です。
一緒にできた栗のシロップと共にブランデーと生クリーム合わせれば
トロっと濃厚な秋の味覚のカクテルとへと仕上がります。
ナイトキャップとしていかがでしょうか。

甘みのあるマロンカクテルには葉巻も相性抜群です。
”ボリバー ペティコロナス”
太さ16.67mm、長さ129mmのマレーバとも呼ばれるサイズ感。
キューバ革命に参加していたエルネスト・ゲバラ(チェ・ゲバラ)が
好んで吸っていて、世界で最も売れているモンテクリストNo.4という葉巻と同じサイズになります。
吸い初めに感じるのは熟れた柑橘の香りと、柔らかな砂糖のような甘み。
中盤に差し掛かってくるにつれてナッツやウッディーな香り、
そして黒糖を思わせる香ばしいコクと旨味がゆっくりと口に広がります。

秋の夜長にゆったりとカクテルを片手にシガーを燻らせるのも
たまにはいいのかなとも思います。
みなさまのお越しをお待ちしております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールでも、季節ならではの愉しみをご案内しています。

info@shotoclub.com まで、「季節のご案内希望」とご連絡ください。

銀座醸造所より、モルトウォーターを仕入れました。

銀座醸造所 http://www.brewinbar.com/

ウィスキーのチェイサー、ハイボールの割ものとしてなど、ウィスキーをもっと楽しむアイテムとしての可能性を探っていきます。より、お酒を楽しみたい方は、お早目にお越しください。(次回の入荷は未定です。)

モルトウォーターはじめました
モルトウォーターはじめました

お世話になっております。
松濤倶楽部の佐藤でございます。
私佐藤伸一26歳は、5年目になったこの9月、
社長である児玉をはじめ、松濤倶楽部店長角内ならびにkokage店長高橋
そして若手の遠藤、高橋の力添えのもと、
念願であったスコットランドへ赴く機会を頂戴したことをご報告申し上げます。
9月22日より10月4日までの13日間を本の中で見ていた
憧れの風景の中で過ごせることにとてつもない高揚感を抱いております。

今回の旅では蒸溜所巡りはもちろんの事、
スコッチウイスキーという共通言語を通して現地の人々は
どのようにウイスキーと向き合っているのかや、
お酒を嗜むその心は、といったところも自分の耳と肌身で
直接感じ、松濤倶楽部のジョン万次郎として
自分をステップアップさせて帰ってまいります。
そしてスコットランドの香り、空気、風を松濤倶楽部へお届けしたいと思っております。

二週間近く松濤倶楽部から離れるにあたりまして
後ろ髪をひかれる思いではございますが
頼れる先輩であり松濤倶楽部の顔である角内と
だんだんと勢いがついてきた高橋の両名による
阿吽の呼吸での掛け合いをみせてくれると思っております。
とても安心できる状態での旅をメンバー全員で作ってくれたことに感謝の思いでいっぱいです。

スコットランドの至宝スコッチウイスキーも出来る限りお持ち帰りする所存であります。
こちらもどうぞご期待ください。
多少浮かれ気味なところではございますが
いい夢見て来ようか、という思いでございます。
皆様へ土産話を披露させていただく日が今から楽しみでございます。

佐藤 伸一

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
季節ごとのご案内をメールでもお送りしています。

タイムリーにご案内をお知りになりたい方は、info@shotoclub.com まで

ご連絡ください。

スコットランド探訪のご挨拶
スコットランド探訪のご挨拶

八月も終わり、中秋の名月も月末に迫る季節となりました。
店頭に並ぶフルーツからも少しづつ
秋の足音が聞こえてくるような気持ちになります。
しかししばらくの間はジメジメとした蒸し暑さが
続きそうな気配もあり難しい天気が続きますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
松濤倶楽部でございます。

九月のオススメカクテルは
今が旬!【イチジクのピニャコラーダ】

「無花果」と漢字で書かれるイチジクは実の中に小さな花をつけており、
半分に切ると沢山詰まっている赤い粒がイチジクの花なのだそうです。

イチジクにはフィシンというタンパク質分解酵素が含まれており、
冷たいものを食べすぎて疲れた胃腸の手助けをしてくれる働きがあるようです。
さらに飲んだ後に食べると二日酔いになりにくいと言われております。
スイーツとして楽しみながら身体のケアもできる
一度で二度おいしい果物です。

ピニャコラーダはラム、パイナップルジュース、ココナッツミルクを
合わせて作られるカクテルです。
そこへイチジクの果肉をミックスすることにより、
とろっとした舌ざわりとつぶつぶとした食感を持った
エキゾチックな味わいの一杯となりました。
食後のデザート感覚で、またはベッドに入る前の一杯としていかがでしょうか。

松濤倶楽部のお食事メニューに新たなサンドイッチ
【とろふわたまごサンド】が仲間入りいたしました。

たまごサンドといえば関東では刻んだゆで卵をマヨネーズで和えるものをイメージされると思いますが
関西においては卵焼き(オムレツ)を挟んだ形が一般的です。
味付けは極力シンプルに、優しくおなかを満たしてくれるような量でご提供いたします。
脇に添えたトリュフ塩をお好みで和えて、芳醇な香りと共にお召し上がりください

皆さまのご来店を一同心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

いちじくピニャコラーダ
イチジクピニャコラーダとたまごサンド

 

梅雨も明け、夏らしい日々がやってきましたね。
今年の夏も猛暑の予感がちょっとしていて早くも参ってしまいそうな
今日この頃でございます。

今月は暑さを吹き飛ばす一杯、
"ラムパンチのソルクバーノ"をご紹介いたします。
ソルクバーノとはラムとグレープフルーツジュースを
トニックウォーターでアップした『キューバの太陽』を
意味するロングカクテルです。

神戸市『サヴォイ北野坂』の木村義久氏によって考案され、
1980年、サントリーの第一回トロピカルカクテルコンテストで1位を獲得。
その実績とシンプルで作りやすいカクテルであった為に
全国へ広がり、今日ではスタンダートカクテルとして
定着することとなりました。

今回ベースに使用するのは"ラムパンチ"
ラムに果物を漬け込んで作るカクテルをラムパンチと
呼びます。
今回はパイナップルとココナッツの香りをつけてご提供。
その爽快な果物の香りをそのままに
お楽しみいただける飲み方がソルクバーノです。
まずはここから、1日のバータイムをスタートさせてみませんか?

旬のおすすめから”3種類”お飲み頂くと
【ひと口大抹茶ティラミス】をプレゼント!
元々は茶畑だった松濤町にちなんだ
スイーツとなっております。

少し先になりますが、自家製リモンチェッロの完成が
だんだんと近づいて参りました。
進捗情報はインスタグラム、facebookの”松濤倶楽部”ページにて
更新しておりますのでご覧いただけましたら幸いでございます。

皆様のご来店を一同心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

お世話になっております。
サッカーワールドカップが盛り上がりをみせる中
皆様いかがお過ごしでしょ。うか。
松濤倶楽部でございます

6月28日(木)に行われますサッカー日本代表戦を
松濤倶楽部にて店内にて静かに実況。
代表戦やっているなぁ~っとちらっと横目で見ながら一杯いかがでしょうか。

さて今回はロシア大会。
3年前角内が長期連休をお店から頂き単身ロシアへ赴き、
ウォッカ歴史博物館の見学などをし実際の現地の空気感を体感し、
ロシアで手に入れてきた秘蔵のウォッカをご用意致します。
3バックや4バックの違いなどは判りませんがウォッカの事なら!
こちらもぜひお楽しみに!

渋谷の中心街は混雑が予想されますが、皆様と一緒にひっそりと
日本代表メンバーを応援出来たら幸いでございます。
試合後には佐藤添乗員によって4年に一度の盛り上がりを見せる
渋谷のスクランブルをご案内!
近年、日本人サポーターのマナーの良さがクローズアップされておりますが
スクランブル交差点も前回、現地調査をしたところ日本人らしさがあり、皆様をお連れできると判断いたしました。
なかなか見ることのできない渋谷の光景を一度ご覧になってみませんか。

皆様のご来店を一同、心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

梅雨入りが発表されてジメジメとした天気が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
松濤倶楽部でございます。
蒸し暑い日も少なくないこの季節、まずはスッキリとした一杯から始められてはいかがでしょうか。

メキシコで親しまれているカクテル、パロマがおすすめでございます。
スペイン語で鳩を意味するこのカクテルはテキーラをベースとしましてグレープフルーツ、
そしてトニックウォーターを注いで完成というとてもシンプルなカクテルなのですが、
そこに食べ頃を迎えているパッションフルーツを加え
つぶつぶとした食感と爽やかな風味をプラスしていきます。
ストローを添えて、果肉とともにお召し上がりください。

そしてこのパッションフルーツのパロマに合わせて楽しんでいただきたいのが今が旬!
シェーブルチーズでございます。
今回フランスはプロヴァンス地方で作られる”ロヴ・ド・プロヴァンス”、
ローヴ種という希少な羊から作られたチーズをお勧めいたします。
この羊はタイムやローズマリーを好んで食すため、ほんのりとハーブの香りが漂うミルクが採れるそうです。
口どけがよく、爽やかな酸味とハーブ香が広がるこのチーズには白ワインやシャンパン、
そしてボタニカルが強く効いたジンなども相性抜群でございます。
チーズ部長佐藤推薦のシェーヴル、様々なお酒と合わせてお楽しみください!

《今月のWhisky Hoop》
Longmorn 25y(1992 52.2%)
今月のWhisky Hoopはなんと25年熟成のロングモーン。
竹鶴政孝氏が研修に訪れた蒸溜所としても有名なロングモーンの長熟タイプが到着しました。
厚みのあるフルボディな酒質は
1994年まで続けられていた
石炭直火炊き蒸溜(当時のスコットランドで唯一!)の影響なのでしょうか、
それとも一部フロアモルティングをしていた賜物なのでしょうか。
とてもジューシーなアプリコットやオレンジの香りを感じさせてくれます。
ゆっくりとお飲み頂きまして複雑な味わいの変化を楽しんでいただけましたら嬉しい限りでございます!
一日の締めはとろりとろける一杯で。

皆様のご来店を一同、心よりお待ち申し上げております。

松濤倶楽部  角内昴成 佐藤伸一 高橋拓哉

〒150-0042
渋谷区宇田川町37-12 眞砂ビルB1
TEL 03-3465-1932
FAX 03-3465-1931

Bar Kokage 児玉亮治 高橋恵未 遠藤祐矢

〒107-0052
港区赤坂4-1-1 小泉ビルB1
03-3582-5944

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━